上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会員の皆様、お疲れ様です。
QMCコーディネーターの堀江です。

11月21日に開催されたQMC定例勉強会第6回目のご報告をさせていただきます。

【参加者】-----------------------------------------------------------------
平井芳和、堀部勝明、東慎一朗、黒崎学、星川文伯、橋本文夫、萩尾寛江、磯野英史、佐藤千景、南竜徳、山田響子、楢村伴睦、堀江龍一、古川文美子、松本達哉、松浦広司   以上16名(敬称略)
---------------------------------------------------------------------------

第6回目テーマ
ボスマネジャーとリードマネジャー
『リーダーシップの本質』


★一部 松浦広司  講話 + ワールドカフェ

講話概要・・・26歳で独立し、車の販売には絶対の自信を持ってやってきた。
会社も海外拠点を出すなど順調に推移してきたが、リーマンショックからは大きく状況が変化した。強いリーダーシップでカートップの社員たちはついてきてくれたが、買収した双葉車輌はそうはいかなかった。今までのやりかたがまったく通用せず、本当にどうしたらいいか悩んだ。買収は失敗だったかとさえ思った。双葉車輌の社員たちには指示・命令手法は通じない、通じたとしてもその先のことを考えると・・・。
そんな矢先、クレドセミナーに参加して社員が自ら考え、動き出す仕組み作りの話を聞いた。
すがるような気持ちでこれに賭けてみた。言われたことしかできなかった社員たちが半年、1年と経つとクレドが機能し、赤字だった業績も黒字に転換した。
今は双葉車輛から身を引いてカートップから社長を赴任させている。
まだまだリードマネジャーにはなれていると思わないが、経営者には信じて待つことも大切ということを実感した。

★その後、ワールドカフエ形式で以下のセッションを行いました。

①どんな経営者の下で働きたいか 
②どんなリーダーの下で働きたいか
③上質なリーダーシツプとは

06-1.jpg
06 勉強会風景②06 勉強会風景④

【コーディネーターより】
各テーマについて参加者全員がいろんな人と意見交換を交わしました。各グループでたくさんの意見や思いが書かれました。多くの方々が経営者、リーダーである中で、結局そういうリーダーになりたいという願望がたくさん書かれているような気がしました。そんなふうにありたいと思いながら、そんなふうにならないマネジメント、リーダーシップを奮いがちな私たち・・・。盛り上がる中にもいろんな気づきがそれぞれあったように思います。


★二部  堀江龍一 まとめ

私(堀江)がこれまで、採用・教育で多くの会社に携わらせていただいた中で会社を結果的に大きく成長させた経営者の方の成功談をご紹介しました。

■幹部社員が社長を尊敬し、抜けていることをカバーしている。また、社長自身、理念はさほど口にしていないが、日頃の言動がしっかり社員に浸透している。
■一旦口に出したことは絶対に実行する。
■社員が落ち込んでいたら飛んでいって励ます。
■自分が採用したことの責任をきっちり果たそうとする。
■辞めていった社員の批判をしない。
■いつもプラス思考。
■儲かったら社員にしっかり還元する。
■独立社員には融資の保証人になる。
■業者への支払いは現金で早く支払う。

上記のように社員や顧客の満足だけを考え続けた経営をしているのでこの会社が主催するゴルフコンペはいつも200名近く集まります。
社員のみならず、納入業者も銀行も味方について快進撃が続いています。 

T社長談 → 人を育てる上で一番大切なこと・・・。それは「愛」があるかどうかだ! 

納得ですね!

★その後の懇親会も盛り上がりました!

6回目 懇親会


*********************************************************

【感想】

・基本的欲求を満たすにはまず相手を心から認め、何を満 たして欲しいのか、それを察してあげることが大切だと感じた。

・一方的に要求するだけでは他人は絶対動かないということ、相手の立場で考える努力をすることで人間関係が良好に保たれるということが学べた。

・楢村社長の自分の役割にマニュアルはないという言葉が印象的でした。

・人を比較しないでその人ができることを応援していくことに 気付かされました。

・相手の目線にしっかり照準を合わせて自己能力を高めていきたい。

・楢村さんの具体的なお話しがとても腑に落ちました。

・欲求の整理や奥深い理解ができました。実践はまだ難しいですが、一歩ずつ努力してみようと思います。

・基本的欲求について気付きがあり、これからも経営に、又人生に活かしていきたいと思います。

・人は欲求を満たすために行動していることを思い返すことができた。社員も家族もお客様も皆そうなんですね。
他人の欲求充足をお手伝いしながら自分の欲求を満たすことを再認識しました。

・自分が相手に与えていると思う欲求充足の度合いと相手が感じている度合には必ず差が出る。その差を埋めるために相手の上質世界にどう関わり、日々を過ごしていくかということに気づきを得ました。

・会社の社長として、二人の子供さんの親として、ご主人としてすべてにおいて選択理論をうまく活用されていると感じました。相手の上質世界とは何か考えられるように努力します。 

・家庭でのゴミ捨ての話を聴いて我が家のタブー皿洗いについて考えさせられました。洗ってみようと思います。上質世界に入れるか。自由の欲求が強いであろうと思われる社員がいますが、あまり押さえつけずに創造力を失わないようにしたいと思います。

・5つの欲求が複雑に絡み合って自分のこともよく理解できていないのに相手のことを理解するのはとても難しいですね。相手の欲求を満たしして自分の欲求も満たすWin-Winの関係を作れるのは理想的だと思います。

・愛/所属と力の欲求が満たされることで自己肯定感が高まることがとてもよく理解できた。

・実体験と理論を重ねてのお話しがとてもよかった。

・グループ討議の中で自分のどの欲求が強いのかはっきりわかってよかったです。

・自分が時間を頂いて話をさせていただいたことで、自分自身が大変勉強になりました。
NEXT Entry
2014.12.26 QMC第7回定例勉強会 in ラヴィール岡山
NEW Topics
2017.2.23 QMC第33回定例勉強会 in ODL セミナールーム
2016.12.21 QMC第31回定例勉強会 in ODL セミナールーム
2016.8.26 QMC第27回定例勉強会 in 岡山県立図書館
2016.7.20 QMC第26回定例勉強会 in 岡山県立図書館
2016.5.20 QMC第24回定例勉強会 in 岡山県立図書館
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。