FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会員の皆様、お疲れ様です。
QMCコーディネーターの堀江です。

1月23日に開催されたQMC定例勉強会第8回目のご報告をさせていただきます。

【参加者】--------------------------------------------------------------------------------
堀部勝明、黒崎学、星川文伯、橋本文夫、楢村伴睦、堀江龍一、古川文美子、豊田圭宣、前田洋一、安井英規、宮本直毅、廣野景治、武田知子、南竜徳、梶谷俊介、松本達哉、東慎一朗、綾野富夫(初)             以上18名(敬称略)
-------------------------------------------------------------------------------

第8回目テーマ
『モチベーションの源』 ~願望/イメージ写真/願望~ 


★第1部 堀江龍一  アクテイビティ  「違いを知る(認める)」
    
【概説】
基本的欲求の強弱は人によって違いますが、万人共通のものです。
しかし、その満たし方⦅上質世界に貼られているもの⦆は人によって異なります。
俗にいう人と人との「違い」はここにあります。
しかしその「違い」によって私たちは職場でも家庭でも心を悩まします。
国家レベルで言うと紛争にもなったりします。
大切なことは人はそれぞれ「違う」ということを私たちが受け入れることです。
例えば、自分の考えや見方があるように他人にもあるということ、自分と違っていることが悪いことではないことを認めることです。認めるということは迎合することとは違います。
冷静に誠実に話し合うこと、そして時にははっきり「違う」ということを伝えることも必要です。
しかし、そうした状況になった時、多くの人が言葉は緩やかでも表情がそうでないことが多息がします。
ここは本当に試されますね。
この「違い」が生じた時にこそ、人としての成長度が問われるようにも思います。
皆さんはいかがでしょうか?

【アクティビティ】
お題をテーマにあなたはAかBかどちらか、部屋の中央に縄を1本引いてそれぞれの思った側に移動するというゲームを行ってみました。
AもBもどちらの回答も間違っているわけではありません。
あなたはどちらかという観点で行ってみました。

選択理論を一緒に勉強しているせいか、通常一般企業の研修で行った時に比べますと、大きく割れるということはありませんでしたが、全員がやはり同じ回答は示しませんでした。
当たり前のことではありますが、この当たり前のことを改めて体験して頂きました。
ここで学習したいことはその見方、考え方に相応しい行動を私たちは選択し、その行動したことによってそれに相応しい結果が待っているということです。

ですから、何か不都合が生じた時、他人や周囲の環境にせいにしないでもしも仮に自分がその不都合を引き起こしているとしたら・・・??
という自己評価が大切なように思います。
〇〇なのは〇〇のせいと考えるか?
自分の責任て何だろう? と考えるか?
どちらが成長に繋がるかは明白なようですね。(^^)

8-1.jpg



★第2部 梶谷俊介  講話 + ペア・グループワーク 
                         
【講話】
1.私の上質世界
2.価値観と上質世界

というテーマでお話しがありました。
「自身の上質世界では今と昔は随分変わってきた。
若かった頃、経営者になった頃、またそして最近とその変化していることを実感している。
自分は知らないことがあると「どうして?なぜ?」とのめり込んでいくタイプ。
のめり込んでいった結果、そこに納得があるとその瞬間に上質世界が張り替わっていく。」というお話しを事例を持って話されました。その張り替わった上質が破壊的なものではなく、人により役立つものに張り替わっていくことを「成長」と呼ぶんでしょうね。そして、「価値観」は体験によって培われるというお話しがありました。
そういう意味では何をどう体験するかは大切。
体験=実践(実行)です。

そしてその培われた「価値観」はみんな違っていいんだ。
違うから新しい価値が生まれるんだという言葉がとても印象に残りました。

見ている方向が違うだけでみんな正しいことを言っている。と、お話しがありました。
そうですよね。
ですから、正しいと思って言っていることを一刀両断されると気分がいいわけありませんもんね。納得づくしのお話しでした。



【ペアワーク・グループワーク】
1.上質世界を語り合う
ペアになってそれぞれの上質を語り合いました。
2.そして上質世界に導かれている行動について語り合う
3.その導かれていると思われる行動は上質世界にあったものと
 一致していたかをグループワーク。
 
そんな形で上質世界を皆で検証してみました。
結構「違うことやってるね」の意見、感想が聞かれました。
体験学習ってホントいいですね。今回もいろいろな気づきがありました。

松本達哉さんから感想メールいただきましたので掲載させていただきます。
-------------------------------------------------------------------------------
「知らない世界への興味が、私を上質な世界へと導いている、行動と上質な世界とは因果関係がある。」 
「備えよ!常に!」
「違いとは、同じ物を別の視点から見ているだけ。」
「現実は無数にある。」
言葉がとても解り易かったです。 
-------------------------------------------------------------------------------

◉楽しかった懇親会の様子

8-4.jpg

表町・・・「焼肉 黄金の矢」
NEXT Entry
2015.2.19 QMC第9回定例勉強会 in 岡山県立図書館
NEW Topics
2017.2.23 QMC第33回定例勉強会 in ODL セミナールーム
2016.12.21 QMC第31回定例勉強会 in ODL セミナールーム
2016.8.26 QMC第27回定例勉強会 in 岡山県立図書館
2016.7.20 QMC第26回定例勉強会 in 岡山県立図書館
2016.5.20 QMC第24回定例勉強会 in 岡山県立図書館
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。