上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会員の皆様、お疲れ様です。
QMCコーディネーターの堀江です。

11月27日に開催されたQMC定例勉強会18回目のご報告を
させていただきます。

第18回 『ボスマネジャーとリードマネジャー』
~リーダーシップの本質~

2015年11月27日 18:30~20:30
 岡山県立図書館

【参加者】
楢村伴睦、堀江龍一、天満一通、前田洋一、萩尾寛江、山田克浩、
岸本達也、西本真司、綾野富夫、安井英規          
                                   以上10名


【定例勉強会 概要】

レクチャラー 山田克浩

山田レクチャー


【概要】
QMCシーズンⅡ 6回目(第18回)勉強会。
本日のレクチャラーは山田克浩さんでした。
お父さんの会社を引き継いだころの会社の状態のお話しから
始まり、選択理論に出会って今日までの経過について
まずはお話しがありました。

会社が苦しい時に食事が喉を通らず、10kg以上痩せてしまった
こともあるそうです。

お父さんは創業者で社員に対してしっかりと指示を出し、会社が
回っていたそうですが、亡くなられてからは指示を待つ社員が増え、
どうしてもボス的に関わっていた自分もあってこのままではいけないと
いう危機感を募らせていたそうです。

現在では選択理論を学び、自分の中や会社もだいぶ変化があった
ように思うが、自分はそのつもりでも社員から見るとまだまだ
外的コントロールになってしまっているところがあると自己評価。

そんな山田さんが以下のテーマで進行されました。

第18回 『ボスマネジャーとリードマネジャー』
~リーダーシップの本質~



ボスマネジャー
・部下を動機づけることに心を配り
・誰が悪かったかを探し
・欠陥の責任を取らせ
・生産性に全員の目を向けさせ
・個人の達成を強調し、それに報酬を与え
・仕事をしろと命令するリードマネジャー
・動機づけの障害を取り除く
・何が悪かったかを探す
・欠陥を防ぐ方法を調べる
・上質に全員の目を向けさせる
・グループの達成を強調し、その達成を認める
・仕事をしやすくする方法を確立する

リードマネジャー
・動機づけの障害を取り除く
・何が悪かったかを探す
・欠陥を防ぐ方法を調べる
・上質に全員の目を向けさせる
・グループの達成を強調し、その達成を認める
・仕事をしやすくする方法を確立する


ボスマネジメント←―――― (LM)――――→放任主義


グラッサー・クオリティ・スクールの理念(を会社に置き換えたもの)

1.人には基本的欲求がある。
 会社は社員、家族、関係者にとって欲求充足の場である

2.競争ではなく、
 協力することで最高の結果が得られる

3.強制のあるボスマネジメントではなく、
 リードマネジメントの環境で社員は成功する

4.脅したり、罰したりしないで、
 問題は話し合って解決する

5.上質は自己評価を通して達成される


【グループワーク】
・ボスマネジメントのメリット・必要性
 ・・・それをすることで何が生まれるか?

 メリット→緊急性があること、危険が伴う時、
       お金がかからない、スピード感がある
        ↓
 生まれるもの→考えない社員、恨みを買う、
        恐れ、タフになる?

・部下から見てボスマネジメント・リードマネジメントには
 どんなものがあるか?

ボス→行っていることが曖昧、人間性を無視した関わり

【ボスマネジャー】      【リードマネジャー】
結果             プロセス
誰が悪いか          何が悪いか
曖昧             明確
感情的            冷静
敵              味方

全体写真2



【ロールプレイ事例】
英田班長は(32歳)は入社12年目の中堅社員、製鉄会社の
設備部門で働いている。仕事は生産管理を担当していて、
仕事もかなり出来る。
高校時代は甲子園まで行ったバリバリの体育会系で部下にも
規律と服従を求め、当たりもきつい。そのせいか優秀な人材を
部下につけてもなかなか彼のもとで育たない。普段は明るい
職場も英田班長がいると沈黙が多いようだ。
上司の上村課長は英田班長を呼んで指導をする。


RP3

RP4 

RP5


【参加者の声】 (気づいたこと、会社でどう活かすか)
・問題はあってもできる部下には、いきなり問題から
 入らずに日頃の頑張りに感謝することから始めること。

・来週の賞与面談からすぐに役立てたい。

・仕事に悩んで食事が喉を通らず10キロ痩せたと
 お話が合ったが、自分はまだ甘いと思った。

・まだまだ社員と真剣に向き合っていない自分に気づいた。
 感謝の気持ちを忘れず、接したいと思った。

・力の欲求に強い人に対しての接し方をロープレで学ぶことが
 たくさんあった。

・しっかり忍耐強く相手の話しを聴く姿勢を活かしていきたい。

・指導する時には相手のことを真剣に考えること。
 感謝から入り、相手の上質世界に入れてもらうこと。
 自己評価を促す。

・放任とリードマネジメントの違いが学べた。

・感謝、共感、協力を意識しながらリードします。

・ボス型が全て悪いとは思わないが、リード型の方が組織の活性化、
 成果が上がってくることが理解できた。
 聴くことが人間関係を醸成し結果を出すことに繋がる。
 強力なリーダーがいなくなると中小企業は烏合の衆になりがちになる。

・社員には感謝の気持ちをもって接していきたい。

・コミュニケーション→自分からの一方通行の場合がある。

・改めて相手の立場で考えてみると自分は何をすべきかがわかる。

・相手の立場で考えていくと自己評価をしてもらえるような
 関わり方ができそうです。

・ロールプレイは本当に気づきが多い。感謝、共感、相談

・上司として常に部下(人)の上質世界に入っておく。

【懇親会】
懇親会


今回は「高田屋」で。楽しく今日も勉強会を振り返るつもりが、
肉体改造論に終始した懇親会でした。(^^)
スポンサーサイト
会員の皆様、お疲れ様です。
QMCコーディネーターの堀江です。

11月5日に開催されたQMC主催第1回学習イベントのご報告をさせて
いただきます。

「選択理論とリードマネジメント1日研修会」
~部下への信頼が高まる尊敬のマネジメントとは~

2015年11月5日 10:00~17:00
岡山国際交流センター7F多目的ホール


参加者 34名 (QMC会員22名  QMC準会員5名 QMC非会員7名)

[会員参加者]
堀江龍一・東慎一朗・山田克浩・平井芳和・南竜徳松本達哉
古川文美子・松浦広司、天満一通・堀部勝明・磯野英史・福島達也
黒崎学・萩尾寛江・加藤聡・高橋京恵・川上陽子・杉井大士
杉井ゆう・山田響子・鍵山仁実・田中里味

[準会員参加者]
松下慶子・宮本直毅・稲田尚久・稲田まゆみ・今竹正記

[非会員参加者]
山崎智裕・中村英行・藤井佐織・栗原清美・前野伸之
阿河裕樹・古賀千恵子
 
QMCでは、「知る」「わかる」を「できる」へと、選択理論の理解と実践の
学びを続けておりますが、第1回学習イベントでは、選択理論心理学に
おける日本第一人者である柿谷先生をお迎えし、選択理論と上司と
しての上質な指導技術を学びました。

■開始 はじめに  柿谷先生より
選択理論を身につけるには5年はかかると言われている。
外的コントロールを使わないと決めてもまた使ってしまう
→みんな身についている。
やってしまったらまたチャレンジしたらいいとコメントいただきました。

柿谷先生アップ③2

今回の研修会で期待していること
個人記入→シェア→発表
代表4名の方に

栗原  人生は自らを選択しているということを府に落としたい。
    落ち込まない自分になる

杉井  年上の人や若い人とチームを組んで仕事をしているので
    マネジメント力を身につけたい。

阿河  質問力を身につけたい

中村  組織つくりと人間関係


■出会いがどのように発展していくかわからない

知ったきっかけ
リアリティセラピーを先に知った→質問力が磨ける。
効果があることを理論的に説明できないだろうか。→選択理論
横田基地の空軍大佐→RTを教えていた。→日本人に教えたい。
RTを知って柿谷カウンセリングセンターを開業した
当時、カウンセリングセンターみたいなものは存在しなかった。
知れ渡っていく中でロン・カールトンに引っかかった。
横田基地のスタッフに話に行った。
日本のカウンセリングの実態を話した。

■4P 選択理論を学んでほしい社会的背景
アルフィーコーン  褒美を与えることはマイナスになる。
           教育に競争を持ち込んではいけない。
外的コントロール  外側から人を変えようとする
内的コントロール  内側から動気付く
ドクターグラッサーの伝記が出ている

身につけるとどうなるか→生きることが楽になる  
→ストレスの少ない人生

各テーブルで話し合う
柿谷先生アップ中①2

ボスマネジメントの反対は放任主義でリードマネジメントではない。

ボスマネジメント←→LM レッセテール(放任主義)

■脳の情報処理について概説
脳の働きアップ2


質問 セキスイハイム中四国㈱ 福島達也さん  
   選択理論的に上司に対応すると怒られてしまう

   柿谷先生より →何も言わないのではない。
            Youという言葉が出ると批判になる。
            I メッセージにする。
            私はどう感じたかを話す

■欲求プロフィールの実施 
(選択理論心理学会 SV馬場さん作成より)
欲求プロフィール

まず、自分の欲求の今日尺を知って強い欲求や低い欲求などを
自覚する。他者との違いを知ってより良い人間関係に役立てる。

■ロールプレイ 1
【中学生の勉強しない息子さんのことで悩む父親のケース】
クライアント役 → スクールカウンセラー稲田まゆみさん
柿谷先生ロープレ①2

質問→ ジブラルタ生命㈱ 鍵山仁実さん
クライアントから「○○した方がいいんですかねぇ~」と
言われた時の対応について

柿谷先生より
まだやろうという気持ちができていない時にやった方が
いいとは言わない。
「しなくてはいけないことはないですよ」と対応したりもする。
「何もしなくてもいいですよ。このままでよかったら。」など。


■ロールプレイ 2
【何度指導しても決めたことが守れない社員Aのケース】
クライアント役 → faith 山田響子さん
柿谷先生ロープレ②2

日々の生活状況を尋ねる。
①裁かないでシステムの改善を一緒に考える   
②実行できない障害になっていることを取り払う
③短期から始める   
④本気度はどうか 

全行動のティーチング
思考がちゃんしないとちゃんとした結果が出ないことを指導。
やる気100%で失敗してもできなかったらやり直せばいい。
やる!という決意100%が重要。
グループロープレ 古川稲田尚東2jpg  グループロープレ 平井南杉井2  グループロープレ 松浦堀部鍵山2

 
ロールプレイ3 ③
【優秀で周りからも信頼の厚い女子社員が会社を辞めたいと
申して出て、悩む店長のケース】
クライアント役 → ㈱カートツプ 松浦広司さん
松浦さん3

何がどうだったら辞めないですむか → クライエント役がこの
質問の答えをどのように応えるか如何でロールプレイを進める。

■研修会全体風景
柿谷先生全体①2  柿谷先生全体②2

第1回の1日研修会では、柿谷先生よりいろんな切り口やアプローチ、
そして指導する側の姿勢がとても勉強になりました。

また来年も是非お呼びしたいですね。
会員の皆様、お疲れ様です。
QMCコーディネーターの堀江です。

10月23日に開催されたQMC定例勉強会17回目のご報告をさせていただきます。
----------------------------------------------------------------------------
第17回 『言葉を交わさなくてもコミュニケーションしている』
~ 言語と非言語~
2015年10月23日 18:30~20:30 岡山県立図書館


【参加者】
田中里味、楢村伴睦、堀江龍一、佐藤千景、南竜徳、黒崎学、
天満一通、星川文伯、前田洋一、松浦広司、東慎一朗、萩尾寛江、
松本達哉、磯野英史、加藤聡
              以上15名


【定例勉強会 概要】

レクチャラー 田中里味

田中レクチャー意①


【概要】
QMCシーズンⅡ 5回目(第17回)勉強会。

今回はジュエリータナカ田中里味さんがレクチャーを担当しました。
冒頭のお話しでは
「以心伝心」
本当に大切なことは・・・
言葉では、伝わらない
こころからこころに伝わるのです

愛とは・・・
一人ひとりに、向き合うことです
        ~ マザー テレサ ~

感性こそ 
盲目社会を
生き抜く最強の力であり
人間に希望と勇気を与える
最強の力である
理性には限界があり
感性は無限大である・・・

「言語」は伝えたいこと、「非言」は伝わっていくもの

この言葉がとても印象に残りました。


田中正面② 全体写真③

全体ワークショップではグループメンバー間で一人一人最近楽しかった
ことをスピーチし、その話を聴いてその人を何かに例え、例えるに至った
キーワードをシートに書き込む作業を行いました。
そして最後の1人が発表するという内容でした。

例えると


シートに書き込む内容ばかりに気を取られ、スピーチしていた人の話し
を「しっかり聴いている」ことが伝わる非言語であったかどうかが問わ
れました。聞き上手になるには常に意識しとかないといけないですね。
コミュニケーションの本質は「話す」ではなく「聴く」でした。

【参考文献】

非言語コミュニケーションの3つの重要性

① 言葉を補完することの重要性  
② 信頼関係を作る重要性
③ 相手の状況を理解する重要性

非言語コミュケーションの種類

視覚的要素    表情・視線・笑顔・うなづき 

聴覚的要素    声のトーン

臭覚的要素    香り

味覚的要素    味

身体感覚的要素 体の動き・ゼスチャー

信頼関係(ラポール)を築く8つのポイント
・体の姿勢や手足の動き
・表情を合わす
・声 トーンやリズムを合わす
・呼吸を合わす
・話の内容を合わす
・言葉づかいを合わす
・感情も合わす
・価値観を共有する


全体写真④


【ロールプレイ事例】
彼は非常に頭の回転が速く、理解力も良い。また処理能力も高い。
そのおかげで周囲の営業マンはとても助かっています。
そんな彼だがひとつ困っていることがあります。それは自分に
ミスや失敗が絶対にないという前提で物事を発言したり、
筋道の通らないと思ったときなどはすぐに感情をむき出しに
してしまうことです。
(例:あの書類はどうなった?・・・・私は持っていません。
返したじゃないですか!など)
社内だけならまだしも、顧客より不条理な注文・依頼があると納得が
なかなかできず、正論・筋道論で電話対応し、電話を切ったあとも
感情的な態度が残り、顧客にも良い印象を与えていないことも
時折見られます。
正義感が強い為、自分ひとりですべて対応しようと思っているよう
なので、本人の負担も軽減できず日常から愚痴も多いです。
感情的になるなと言って聞かせても「わかっています!!」とまったく
わかっていません。 
                             馬場課長)

RP ⑤

RP ⑥

RP ⑦


【参加者の声】 (気づいたこと、会社でどう活かすか)

・言葉は5%、身体感覚は95%使ってコミュニケーションしていること。

・ロールプレイでやったことがすぐ活かせそう。

・上手なたとえ話をすること。

・たとえ話を磨きたい。

・非言語による伝え方がいかに大切かがよくわかった。

・目と耳と心で相手の話しを聴くことをもっと心がけます。

・心の中を部下への愛と信頼をいっぱいにしてから面談に臨まねば!

・相手に合わせることの大切さ。

・聴くことが一番のコミュニケーションだということがしっかり学べた。

・ユーモアを忘れないこと。

・言い聞かせないで自覚を促す。

・同じ話でも聴く人間によって例えるポイントが違うと思った。

・部下に対する事例でしたが、違うケースでも活かせそう。

・相手からの質問を受け入れることで自分の中で何かが動いて形を
作るのだと気づいた。

・どうしても自分がしゃべってしまうので聴くことを徹底する。

・ロールプレイでは自分が結論を出そうとしていることに気づいた。

・言葉で説得させようとしないで聴くことを重視することを明日から
実践したい。

・その時の自分の態度、姿勢、表情、笑顔によって相手が変わること。

・目つき、態度、表情に気を付けて話をするようにします。

・言葉は嘘が言えるが、感性(非言語)からは嘘が言えない事。

・真剣な時こそユーモアも持って接する。

・コミュニケーションの空間創りが大切。

・伝えることと伝わることは違うということがよく分かりました。

・相談を受ける時の自分の癖を再確認できた。

・人を指導する時に何に気を付けないといけないかがよくわかった。

・予想されないことからスタートする。相手が聞きやすくユーモアを
交えて話す。すぐ使えそう。

・相手を受け入れることの用意がまだ自分にはできていないことがわかった。

・何かを指示するのではなく、相手が自分で認識していけるような質問を
すること。


【懇親会】

今回は焼き鳥の「川西」で。楽しく今日も勉強会を振り返りました。
会員の皆様、お疲れ様です。
QMCコーディネーターの堀江です。

QMC2年目の旅行は徳島県の祖谷温泉郷に行ってきました。
私(堀江)と堀部さん、天満さんの3人だけのちょっと寂しい旅になりました
が、大歩危を通って祖谷温泉郷では天空の露天風呂と美味しい郷土料理
を満喫させていただきました。写真だけアップさせていただきます。


かずら橋 渓谷 ケーブルリフト 天空露天風呂 いろり 夕食献立 夕食全員





CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。